ホーム > ニュース

News

お知らせ 多元研

第3回キャリア支援交流会を開催しました

12月8日、片平さくらホールにおいて、第3回キャリア支援交流会を開催し、150人を超える学生が参加しました。
多元研所長の村松淳司教授から、第3回目を向かえた今日の交流会では、企業とのミキサーも予定しているので、積極的に交流して欲しい。実際に参加した学生の皆さんの意見も取り入れていきたい、との挨拶で開会しました。
基調講演では、東北大学高度教養教育・学生支援機構の猪股歳之准教授が「『インターンシップは経験しておいた方がよい』は本当か?」と題して、インターンシップに参加する理由や必要性などについて具体的にお話しました。続いて、多元研の卒業生でもある日揮株式会社の竹内洋仁氏が、「インターンシップを経験して」と題し、インターンシップに参加してどんなことがよかったか、自分を知ることの大切さなどについて、自身の体験を紹介しました。
続いて行われた参加企業との交流会、ミキサーにも、多くの学生が積極的に参加し、盛会のうちに終了しました。

20161208_5231

開会挨拶をする村松淳司所長

20161208_5269

司会を務めた蟹江准教授

20161208_5242

基調講演の様子

DSC05243_

猪股歳之准教授

20161208_5265

竹内洋仁氏

20161208_5249

熱心に講演を聞く学生の様子

20161208_5282

企業との交流会の様子

20161208_5281 20161208_5290

 
関連リンク:
第3回キャリア支援交流会

TOPICS一覧へ戻る

Research Category