ホーム > ニュース

News

お知らせ 多元研

みやぎ県民大学開放講座にて埜上洋教授が講演しました

kenmin_nogami1  7月20日に多元物質科学研究所「みやぎ県民大学」、「環境問題に寄与する材料プロセス」の第4回講座を開講しました。埜上洋教授が「鉄鋼製錬プロセスの環境問題への取り組み」と題して講演し、16名が参加しました。
 私たちの身近にある金属、「鉄」。この「鉄」について、その性質や生産法、そして鉄鋼材料の製造工程の解説をしました。また、製鉄における更なる省エネルギー・高効率化を達成するために必要なプロセスを、高炉内反応をイメージした課題(容器内部の流体の流れ方について)などを通して、解説しました。
 最後に環境問題に関するお話をし、製鉄の過程で排出される「二酸化炭素」の削減や再生エネルギーに変化させるなどの「グリーンエネルギー」化が日本や世界で様々な取り組みが行われていますので、”「製鉄プロセス」に少しでも興味を持ってもらえたら幸いです”、と、述べました。

kenmin_nogami2 kenmin_nogami3

関連リンク:
埜上洋研究室(環境適合素材プロセス研究分野)
第1回講座「原子力発電所事故と放射性物質」(2018/6/29) 報告
第2回講座「環境保全のためのイオン液体技術」(2018/7/6) 報告
第3回講座「CO2削減に寄与する超臨界ナノ技術」(2018/7/13) 報告
第5回講座「金属資源循環に向けた非鉄製錬の役割」(2018/7/27) 報告
第6回講座「環境保全に貢献する粉体プロセス」(2018/8/3) 報告

TOPICS一覧へ戻る

Research Category