研究室ロゴ画像

English
研究内容

研究内容

「放射光計測と高度情報処理の融合による物質機能可視化への展開」

実用材料の多くは、ナノからマイクロメートルまでの空間階層構造を有する複雑系です。したがって、新材料を設計・開発する際、ナノ・メソスケールでの微細構造と機能の相関を解明することが重要です。放射光を光源とするイメージング・分光技術を駆使することで実用バルク材料全体の構造・元素・電子状態を多元的に可視化することができます。特に、放射光のコヒーレント成分を利活用したコヒーレント回折イメージングは、X線領域で未踏であったナノスケールでの構造可視化を実現する次世代の可視化計測法として注目されています。また、近年の情報処理技術の発展に伴い、3次元空間に分布する元素・電子状態の情報から構造-機能相関に関する特徴的な情報を抽出することも可能になりつつあります。本研究室では、先進的X線光学技術を駆使した次世代の放射光イメージング・分光法の開拓を基軸とし、高度情報処理技術を活用することで、実用材料の機能を可視化する基盤を構築することを目指します。

現在進めている研究課題

全反射集光光学系を駆使した高空間分解コヒーレントX線回折イメージング法の開発
(プレスリリース1)

高感度コヒーレントX線回折イメージング法の開発とバイオイメージングへの応用
(プレスリリース1)(プレスリリース2)(プレスリリース3)

タイコグラフィーX線吸収微細構造法の開発と機能性材料の構造ー機能相関解析への応用
(プレスリリース1)(プレスリリース2)

マルチスライスX線タイコグラフィを駆使した厚い試料の三次元ナノ構造可視化法の開発
(プレスリリース1)

X線自由電子レーザーを駆使したシングルショットX線イメージング法の開発と応用
(プレスリリース1)(プレスリリース2)

新規X線イメージング・光学技術の開発
(プレスリリース1)(プレスリリース2)(プレスリリース3)(プレスリリース4)(プレスリリース5)

ページトップへ戻る