研究室についてAbout us

【大学院入試の受験を考えている学生のみなさんへ】
コロナウィルス感染症の拡大で、進学についての心配を抱える進学希望者もたくさんいるのではないでしょうか?小俣研究室では、web会議ソフトを使った研究室紹介や相談、研究室見学などに対応します。メールomata★tohoku.ac.jp (★を@に)まで気軽に問い合わせてください。入学試験の詳細は環境科学研究科のウェブサイトで公開されますので、詳しくはこちらをご覧ください。学生募集要項,過去の入試問題などもウェブサイトで入手可能です。詳しくは 学生のみなさんへ を御覧ください。

 

【東北大学工学部 エネルギー環境コース 新3年生の皆さんへ】
いよいよ研究室への配属が近づいてきました。小俣研究室では個別の研究室見学を随時受け入れています。オンラインでの説明も希望に合わせて開催します。研究室に在籍する先輩との懇談も希望に合わせて実施しますので、メールomata★tohoku.ac.jp(★を@に)まで気軽にリクエストしてください。

 

小俣研究室は2016年4月に設立された新しい研究室です。『人類の未来を切り拓くエネルギー・低環境負荷材料を創りだす』をモットーに、エネルギー、環境、資源に関わる社会課題の解決に資する、太陽電池、燃料電池、照明・ディスプレイなどのエネルギー変換デバイスの心臓部となる新材料の開発を推進しています。高性能な新材料の製造には、それに適した新しいプロセスが必要となるので、原子や分子の移動や化学反応過程の理解に立脚した、思い通りの新材料を創りだす新プロセスの開発も併せて行っています。

 

 

a

研究概要や研究室生活をまとめた小俣研のパンフレットを掲載しました。(2022/3/7更新)

 

お知らせLatest News

画像2