研究室についてAbout us

研究室について

小俣研究室は2016年4月に設立された新しい研究室です。『人類の未来を切り拓くエネルギー・低環境負荷材料を創りだす』をモットーに、エネルギー、環境、資源に関わる社会課題の解決に資する、太陽電池、燃料電池、照明・ディスプレイなどのエネルギー変換デバイスの心臓部となる新材料の開発を推進しています。高性能な新材料の製造には、それに適した新しいプロセスが必要となるので、原子や分子の移動や化学反応過程の理解に立脚した、思い通りの新材料を創りだす新プロセスの開発も併せて行っています。

 

主な研究テーマ

1. 全酸化物薄膜太陽電池

2. 中温作動型燃料電池

3. 超高効率量子ドット太陽電池

4. 広色域・低消費電力ディスプレイ

5. イオン交換,インターカレーション,イオンビームを用いた機能性材料創成プロセス

 

キーワード

燃料電池,太陽電池,ディスプレイ,固体イオニクス,化合物半導体,酸化物半導体,量子ドット,ナノ粒子,原子空間制御

お知らせLatest News

太陽02