研究室についてAbout us

資源・環境との共生を目指した原子燃料サイクル化学の展開!

基幹エネルギーとして原子力の利用は人類の将来を左右する重要技術ですが、核燃料を原子炉において燃焼した後、核分裂生成物など放射性物質や未利用ウランなど有価成分を分離し、残った廃棄物を安全に処理・処分し環境の保全を図らねばなりません(核燃料サイクル)。本研究室では、水溶液(湿式)系や非水(乾式)系における放射性核種の化学的挙動特性を把握し、高効率で廃棄物量の少ない核燃料のリサイクル方法を開発するとともに、安全な処理・処分後の地下水圏における放射性核種の挙動を調べています。また、廃棄物から水素等エネルギー物質を生成するようなリサイクルプロセスの開発を進めています。

COREラボ共同研究

「放射化学アプローチによる原発事故廃棄物および放射性廃棄物のバックエンド工学研究」

お知らせLatest News

side