芥川研究室では 有機合成化学・物性科学・超分子化学・錯体化学・界面科学の手法を用いて、次世代の新規な多重機能性複合材料の開発を行っています。有機材料・無機材料の垣根を取り外した、ハイブリッド材料の創製に取り組んでいます。生物分子モーターの機能を取り入れた固相分子モーターの開発、有機強誘電体~強弾性体の新機能開拓、動的π電子系化合物の開発、機能性オルガノゲル~液晶性化合物の開発、らせんナノファイバー、互変異性型多重センサー分子の開発、巨大無機ナノ構造の創製、ガス吸着材料などを研究しています。
 分子デバイスの実現を目指して、ナノスケールの高機能性分子集合体、分子性導体・分子磁性体・分子性強誘電体、分子性強弾性体、有機-無機ハイブリッド材料、有機エレクトロニクスに関する研究を行っています。
詳細はこちら
大学院生の募集 研究室では、一緒に楽しく研究ができる大学院生(修士・博士)の募集を行っています。大学院は、工学研究科 応用化学専攻になります。入試情報は応用化学専攻のHPを見てください。他大学からの入学や博士後期課程からの入学も歓迎しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 詳細はこちら

講義予定 大学院講義「有機電子材料化学」 
2019年度開講 月1コマ
大学集中講義 大阪大学
(お問い合わせ下さい。)

共同研究 多元研物質・デバイス領域共同研究拠点から申し込みができます(お問い合わせ下さい)。
最近の研究成果(発表論文)
  • Hayato Anetai, Takashi Takeda, Norihisa Hoshino, Higashi Kobayashi, Nozomi Saito, Masanori Shigeno, Masahiko Yamaguchi, and Tomoyuki Akutagawa, Ferroelectric Alkylamide Substituted Helicene Derivative with 2D Hydrogen-Bonding Lamellar Phase, J. Am. Chem. Soc 2019, 141, 2391-2397. Cover Article

  • Hayato Anetai, Takashi Takeda, Norihisa Hoshino, and Tomoyuki Akutagawa, Nanoscale Effects in One-Dimensional Columnar Supramolecular Ferroelectrics, Chem. Eur. J. in press (2019) doi.org/10.1002/chem.201902544.

  • Takashi Takeda, Masataka Ozawa, Tomoyuki Akitagawa, nded Organic Framework Induced by Collective Molecular Motion of Twisted π System, Angew. Chem. Int. Ed i58, 10345-10352 (2019) DOI: 10.1002/anie.201905075 Cover Article
新着情報/2019.8.8 更新    過去の情報はこちら

   
 成果発表 武田助教・小澤君の論文をJ. Phys. Chgem. C に成果発表。
Takashi Takeda, Masataka Ozawa, Tomoyuki Akutagawa, Dynamic Motion of Twisted π System-Induced Temperature-Dependent Dielectric Response in the Neat Liquid State, J. Phys. Chem. C. in press (2019).
 2019.8.7 暑気払い&院試壮行会で、お好み焼き(2階セミナー室)。

 2019.7.22-26  札幌にて国際学会ISNA2019に参加(高橋、呉、川崎、武田、芥川)。
  2019.7.9 三越屋上にてビアガーデン。

 成果発表 山口大学綱島研との物質・デバイス 共同研究拠点成果論文
Hagino Morita, Ryo Tsunashima, Sadafumi Nishihara, Katsuya Inoue, Yuriko Omura, Yasutaka Suzuki, Jun Kawamata, Norihisa Hoshino, and Tomoyuki Akutagawa, Ferroelectric Behavior of a Hexamethylenetetramine-based Molecular Perovskite Structure, Angew. Chem. Int. Ed., 58, 9148-9187 (2019)
成果発表 武田助教・小澤君の論文をCryst. Grow. Des. に成果発表。
Takashi Takeda, Masataka Ozawa, Tomoyuki Akutagawa, Versatile Hydrogen-Bonded Assemblies of Twisted Tetra[3,4]thienylene Tetracarboxylic Acid with Selective Solvent Sorption, Crystal Growth & Design, 19, 4784-4792 (2019).
 成果発表 原君の論文をCryst. Grow. Des. に成果発表。
Guohao Yuan, Takashi Takeda, Norihisa Hoshino, and Tomoyuki Akutagawa, Reversible Channel–Layer Structural Transformation of a Hydrogen-Bonded Bis-Urea Macrocycle, Crystal Growth & Design.19), 3509-3517 (2019) DOI: 10.1021/acs.cgd.9b00370
 成果発表 武田助教・小澤君の論文をAngew. Chem. Int. Ed. に成果発表。表紙に採用
Takashi Takeda, Masataka Ozawa, and Tomoyuki Akutagawa, Jumping Crystal of Hydrogen-Bonded Organic Framework Induced by Collective Molecular Motion of Twisted π System, Angew. Chem. Int. Ed 58, 10345-10352 (2019) DOI: 10.1002/anie.201905075
Cover Article
  成果発表 姉帯君の論文をChem. Eur. J. に成果発表。
Hayato Anetai, Takashi Takeda, Norihisa Hoshino, and Tomoyuki Akutagawa, Nanoscale Effects in One-Dimensional Columnar Supramolecular Ferroelectrics, Chem. Eur. J. in press (2019) doi.org/10.1002/chem.201902544.
  成果発表 川崎さんの論文をJ. Phys. Chem. C. に成果発表。
Ayumi Kawasaki, Takashi Takeda, Norihisa Hoshino, Wakana Matsuda, Shu Seki, and Tomoyuki Akutagawa, High Thermally Stable n-type Semiconductor up to 850 K based on Dianionic Naphthalenediimide Derivative, J. Phys. Chem. C. 123(25), 15451-15457 (2019) doi.org/10.1021/acs.jpcc.9b03023
Supplemetary Cover Article
 成果発表 姉帯君の論文をJACSに成果発表。
Hayato Anetai, Takashi Takeda, Norihisa Hoshino, Higashi Kobayashi, Nozomi Saito, Masanori Shigeno, Masahiko Yamaguchi, and Tomoyuki Akutagawa, Ferroelectric Alkylamide Substituted Helicene Derivative with 2D Hydrogen-Bonding Lamellar Phase, J. Am. Chem. Soc. 141, 2391−2397 (2019) DOI: 10.1021/jacs.8b11222
 Supplemental Cover Article
 成果発表 広島大西原研との物質・デバイス 共同研究拠点成果論文
Katsuya Ichihashi, Daisuke Konno, Kseniya Yu. Maryunina, Katsuya Inoue, Kazuhiro Toyoda, Shogo Kawaguchi, Yoshiki Kubota, Yoko Tatewaki, Tomoyuki Akutagawa, Takayoshi Nakamura, and Sadafumi Nishihara, Selective Ion Exchange in Supramolecular Channels in the Crystalline State, Angew. Chem. Int. Ed. 58, 4169–4172 (2019). DOI: 10.1002/anie.201813709 アライアンス-共同研究
Front Cover Article
  2019.6.25 2019年度 研究室集合写真(片平にて)。
  2019.4.11 片平にて花見。今年は雪のため、反応棟2Fにて実施。
  2019.4 新4年生(瀬戸君と笠原君)および研究生(趙君)が新メンバーとして加入。
川崎さんと呉さんが博士後期課程に進学。
  2019.3.27 東北大学卒業式。中根君、姉帯君、小澤君が研究室を去って行きました。新天地で活躍を。。
  2019.3.27  姉帯君 東北大学総長賞受賞。おめでとうございます。
  2019.3.16-19 甲南大学にて日本化学会春季年会で成果発表(阿部、三部、靖、川名、高橋、川崎、呉、原、武田、星野、芥川)
  2019.3.18 恒例の研究室合同飲み会(三宮)
  2019.3.7 反応棟2Fにて追いコン。今年は手巻き寿司。
  2019.2.18 卒研発表会(阿部、三部)。
  2019.2.12-14 修士論文発表会(川崎、小澤、呉)。
  2019.2.1 会社説明のためにOB訪問(宍戸、安田、西山)
  2019.1.13-14 中村研ー芥川研合同スキー(富良野スキー場)。
  2019.1.7 研究室新年会@国分町。
  2018.12.21 研究室忘年会@国分町。

祝 呉さん 2018年 第5回芥川賞受賞「分子反転型の強誘電体の発見」 
  2018.11.29 姉帯君学位予備審査
  2018.11.21-26 新学術領域π造形科学、国際シンポジウムでスペイン マドリッド遠征(呉・芥川)。
  2018.11.19 PHyMセンター若手シンポジウム開催。
  2018.11.10 化バイ駅伝大会とOB訪問。
  2018.10.9-22
新学術領域π造形スクール、忍久保研中里君が滞在。
  2018.10.16 秋保森林スポーツセンターにて芋煮会。
  2018.10.11
MC1研修(川名さん、けいご君、靖さん)。
  2018.10.2-
π造形国際シンポジウム(クロアチア 川崎、二郷、芥川)。
  2018.9.21-22
筑波山にて低次元光機能材料研究会 サマーセミナーに参加(川名・高橋・三部・芥川)。

 けいご君と川名さん 優秀ポスター賞と優秀講演賞 受賞
  2018.10.9.19 呂さん送別会。
 2018. 9.15-16
秋田大学にて日本化学会東北支部会に参加(川崎・呉・川名・高橋・芥川)。
 川名さんと川崎さん 優秀ポスター賞を受賞

  2018.9.10-13 福岡にて分子科学会に参加(三部、阿部、川崎、川名、靖、高橋、呉、姉帯、武田、芥川)。
  2018.9.10  武田助教 分子科学会 若手奨励賞を受賞。
  2018.8.29 大学院院試打上(阿部さん、三部君 無事に合格)。
  2018.8.21 学位論文最終審査会(呂さん、中根君)
  2018.8. 8  前期打ち上げ&研究室掃除

  2018.8.4 祝 呉さん ICCC2018 学生優秀ポスター賞を受賞



  •            あくたがわ犬(吉井作)
  • 〒980-8577
  • 仙台市青葉区片平2丁目1-1
  • 東北大学多元物質科学研究所
  • TEL: 022-217-5654
  • FAX: 022-217-5655
  • Access map

Link
東北大学
多元物質科学研究所
PHyMセンター
学振181委員会
新学術領域「π造形科学」
低次元光機能研究会