ホーム > トピックス

Topics

タンパク質の構造形成を助ける薬剤の開発に成功_インスリンや抗体など健康維持に必須なタンパク質の高効率生産への応用に期待

多元研の稲葉謙次教授、学際科学フロンティア研究所の奥村正樹助教、松﨑元紀学術研究員らの共同研究グループは、タンパク質が正しく機能するために必要不可欠な酸化的フォールディングというステップを、細胞内で使用されているグルタチオンよりも高い効率で促進する低分子「グアニジンチオール(GdnSH)」を開発しました。

TOPICS一覧へ戻る

Research Category