ホーム > 社会貢献 > 公開講座・一般公開

Open DAY

公開講座・一般公開


ナレッジキャピタル超学校「日本の研究、最前線」

平成29年5月8日(月)グランフロント大阪において、一般社団法人ナレッジキャピタル、株式会社KMO、および国立大学附置研究所・センター長会議(JCRIC)の主催により、全4回の連続講座「学校を超える、自分も超える ナレッジキャピタル超学校 『日本の研究、最前線』」が開校します。

第1回講座には、東北大学多元物質科学研究所所長の村松淳司教授が登壇し「ビールの泡から最先端ナノ材料開発」と題して講演を行います。

  日程:5月8日(月)、6月19日(月)、7月5日(水)、8月10日(木)
  時間:19:00~20:30(開場18:30)
  会場:グランフロント大阪北館1F「カフェラボ」
  料金:500円(1ドリンク込み)
  対象者:高校生以上
  定員:各回50名
  主催:一般社団法人ナレッジキャピタル、株式会社KMO、国立大学附置研究所・センター長会議

 詳細はwebで。

東北大学科学シンポジウム「ニュートリノ研究に夢をのせて」

 東北大学多元物質科学研究所、研究推進・支援機構知の創出センターは、2017年8月19日(土)、仙台勝山館において、東北大学科学シンポジウム「ニュートリノ研究に夢をのせて」を開催します。 本シンポジウムでは、「ニュートリノが質量を持つ事を示す、ニュートリノ振動現象の発見」により、2015年ノーベル物理学賞を受賞された東京大学宇宙線研究所長の梶田隆章先生の他に、京都大学理学研究科教授の中家剛先生、東北大学ニュートリノ科学研究センター長の井上邦雄先生が、最先端のニュートリノの研究について、専門でない方にも分かりやすく解説します。高校生とのトークセッションも予定しています。

 詳細はwebで。
  日時:2017年8月19日(土) 13:00 ~ 16:3020170819_poster
  会場:仙台勝山館 4階「彩雲」(宮城県仙台市青葉区上杉2丁目1-50)
  対象:高校生、大学生、一般 / 定員:700名(抽選、入場無料)
  参加申込:ウェブサイト、はがきにて受け付け後、抽選により決定します。
  主催:東北大学多元物質科学研究所、研究推進・支援機構知の創出センター
  共催:東北大学大学院理学研究科、東京エレクトロン株式会社
  後援:宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、河北新報社
  協力:特定非営利活動法人 natural science

東北大学附置研究所一般公開「東北大学片平まつり2017」

隔年の秋頃、東北大学片平キャンパスにおいて東北大学附置研究所一般公開「東北大学片平まつり」が開催され、多元研も毎回参加しています。

片平まつり2015では約8,000人の来場者を迎え、大盛況のうちに終了いたしました。

  日時:2017年10月7日(土)、8日(日)
  会場:東北大学 片平キャンパス

 詳細は決まり次第ご案内させていただきます。

その他、市民講座や、放送大学などを数多く行っています。

Research Category