ホーム > 多元研とは > 所長挨拶

所長あいさつ

 多元物質科学研究所(以下、多元研)創立から20年が過ぎました。従来の区別や枠にとらわれない、物質、材料だけでなく、それを生み出すプロセスや評価技術までをも含む、あらゆる "もの" を多元的に研究する、特徴ある研究所として2001年4月に発足しました。そして「多元物質科学」は一般社会にも浸透しつつあります。その礎は、創立1941年以来受け継がれてきた多元研の前身である、選鉱製錬研究所(素材工学研究所)、科学計測研究所、非水溶液化学研究所(反応化学研究所)のスピリットであります。もうすぐ80年を迎えようとする伝統の力を、ひしひしと感じます。先人たちが切り拓いてきた多くの研究分野と輝かしい研究成果が、漏れることなく多元研に引き継がれております。2018年4月1日には、新たに「金属資源プロセス研究センター」設置となって表れ、2021年4月1日には「マテリアル・計測ハイブリッドセンター」発足となって表れております。

 こうして多元研では、資源から最先端素材までの "プロセス軸"、無機・有機・バイオなどあらゆる物質を含む "物質軸"、そして、ナノからマクロまでの "評価計測軸" を、ハイブリッドにカバーした、独創的で斬新な研究が数多く行われています。そうした研究の一端を、「多元研概要」で紹介しています。パラパラとページをめくりながら、多元研では、 "もの"、"人"、"技" がハイブリッドとなって、物質材料研究に従事していることがご覧いただける事と思います。

 2010年から始まった、先駆的なネットワーク型共同利用・共同研究拠点である「物質・デバイス領域共同研究拠点」(多元研の他、北海道大学電子科学研究所、東京工業大学科学技術創成研究院化学生命科学研究所、大阪大学産業科学研究所、九州大学先導物質化学研究所との連携事業)では、拠点利用者と共にたくさんの研究成果が出されております。2016年度からは多元研が拠点本部となり推進しております。さらに、この活動を支える5 附置研究所は、『人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス』事業により、効率的かつ先進的に連携活動を行っております。

 一方で、多元研は次世代のイノベーション創出に重要な高輝度軟X 線光源である次世代放射光施設計画推進の基幹部局として、2016年度から積極的に内外にその重要性を周知し、大学・宮城県そして東北経済団体連合会とともに、活動してきました。2019年3月末には、東北大学青葉山新キャンパスで建設工事がスタートしました。同年10月には放射光利活用のための学内組織「国際放射光イノベーション・スマート研究センター」が発足し、多元研から複数の研究グループが移動してその活動を支えております。

 さて、2011年3月の東日本大震災からちょうど10年が経過しました。多元研は物質材料研究による東北復興への貢献と、東北大学そして日本の未来を背負う新進気鋭の優秀な研究者の輩出を、今後も積極的に担っていきます。昨年来のコロナウイルスにより社会活動も制限され先の見通せない状況ではありますが、皆様方の益々のご健勝とご発展を心より祈上申し上げるとともに、今後とも、変わらぬご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2021年4月 研究所長 寺内 正己
研究所長 寺内正己

Research Category