Patents・Press release/特許・プレスリリース

TOPページ >  Research (2016.4~) >  Papers・Review・Chapter /論文・総説 >  Patents・Press release/特許・プレスリリース

特許/Patents

  1. 【出願番号】PCT/JP2021/028401、【優先権主張の基礎出願】特願2020-130912、【発明の名称】二酸化チタン着色粒子及びその製造方法、並びに酸化チタン粒子混合物、【指定国】日本以外、【発明者】殷シユウ、曹ジンヂ、朝倉祐介、長谷川拓哉、【出願日】令和3年7月30日
  2. 【出願番号】特願2020-130912、【発明の名称】二酸化チタン着色粒子及びその製造方法、並びにに参加チタン粒子混合物、【発明者】殷シユウ、曹ジンヂ、朝倉祐介、長谷川拓哉、【出願日】令和2年7月31日
  3. 【出願番号】特願2016-30194(P2016-30194)、【発明の名称】窒化アルミニウムの製造方法、【出願日】平成28年2月19日(2016.2.19)、【公開番号】特開2017-145182(P2017-145182A)、【公開日】平成29年8月24日(2017.8.24)、【発明者】藤井  瑞保、佐藤  次雄、殷  シュウ、外川  大海
  4. 【出願番号】特願2012-288452(P2012-288452)、【出願日】平成24年12月28日(2012.12.28)、【公開番号】特開2014-128768(P2014-128768A)、【公開日】平成26年7月10日(2014.7.10)、【発明の名称】光触媒の製造方法、【発明者】佐藤  次雄、殷  しゅう、田中  洋、【特許番号】特許第6088244号(P6088244)、【登録日】平成29年2月10日(2017.2.10)、【発行日】平成29年3月1日(2017.3.1)、【登録発明の名称】カーボンドープ光触媒の製造方法
  5. その他、ResearchMap 参照
  6. 特許リスト

 

プレスリリース/Press release

2021.3.31

チタン酸バリウムナノキューブの合成と粒子表面の原子配列の可視化に成功 ―高性能小型電子デバイスの開発に期待

(茨城大学中島先生との共同研究)

茨城大学大学院理工学研究科、茨城大学フロンティア応用原子科学研究センター、大阪大学産業科学研究所、東北大学多元物質科学研究所、日本原子力研究開発機構、総合科学研究機構中性子科学センター共同プレスリリース(2021.3.31)

https://www.ibaraki.ac.jp/news/2021/03/31011178.html

https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2021/03/press20210331-01-batio3.html

 

2021.11.19

プレスリリース(2021.11.25)

チタン酸バリウムナノキューブの粒径を制御する手法を新たに開発 環境調和型のプロセスを採用 高性能小型電子デバイスの開発に期待

(茨城大学中島先生との共同研究)

 

(令和3 年11 月25 日)日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP622143_Z11C21A1000000/

(令和3 年11 月25 日)日刊工業新聞_電子版

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00619544?gnr_footer=0062274

(令和3 年11 月25 日)日本の研究.com

https://research-er.jp/articles/view/105218

(令和3 年11 月26 日)EE Times Japan

https://eetimes.itmedia.co.jp/ee/articles/2111/26/news050.html