飯塚 淳(Atsushi IIZUKA)


TOP | 研究内容 | Publications | 現場見学等 | CV | アクセス | リンク



 所属 (from 2010.4.1)

東北大学 多元物質科学研究所 金属資源プロセス研究センター:
金属資源循環システム研究分野(柴田悦郎研究室): 准教授
Associate Professor, Center for Mineral Processing and Metallurgy,
Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials (IMRAM), Tohoku University,

(協力研究科・専攻: 東北大学 大学院環境科学研究科 先進社会環境学専攻
環境応用政策学講座 金属資源循環システム学)

〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1 素材工学研究棟1号館(南1号館) 222号室
TEL/FAX: 022-217-5214, E-mail:



 研究

化学工学をツールとし、サステナブルな社会の構築のための環境技術開発を行っています。詳細はこちら



 News
 
New  2018年10月27日 論文掲載決定(Thermochimica Acta): Vapor Pressure Measurements of AgBr by the Knudsen Effusion Method
New  2018年10月18日 論文掲載決定(Materials Transactions): Effect of Temperature on Phase Transformation and Leaching Behavior of Acid Mine Drainage Sludge
New  2018年10月16日 論文掲載決定(下水道協会誌): 下水汚泥焼却灰のアルカリ処理における主要元素の挙動
New  2018年10月05日 記事掲載(化学工学 年鑑): 「環境化学工学・大気環境」
2018年5月25日 執筆Chapter掲載書籍の発行: Phosphorus Recovery and Recycling
2018年4月7日 論文掲載決定(JWPE): Simultaneous Removal and Recovery of Boron from Waste Water by Multi-step Bipolar Membrane Electrodialysis


2016年08月08日 紹介記事掲載(日経エコロジー): 「CCSに代わる異色の技術・CO2出さずにインフラ整備」

2014年03月18日 表彰(平成25年度化学工学会研究奨励賞, 實吉雅郎記念賞): 化学工学会年会にて受賞講演も行いました。






2013年12月24日 受賞(平成25年度化学工学会研究奨励賞, 實吉雅郎記念賞): 塩基性廃棄物の炭酸塩鉱物化による地球温暖化対策技術・再資源化技術の開発



2010年04月01日 異動: 東北大学 多元物質科学研究所 附属サステナブル理工学研究センターに赴任

2010年03月01日 監修協力: 『理系たまごシリーズF 科学技術英語徹底トレーニング [環境工学]』, 著者 人見憲司, 監修 柳沢幸雄, 監修協力 Laurence Anthony, 飯塚 淳, アルク link

2010年01月09日 翻訳協力: 『地球を救う365の方法』, 写真 フィリップブルセイエ, 監修 柳沢幸雄, PIE BOOKS link