研究室についてAbout us

 

We aim to contribute to our society through process technologies. Materials production industries consume huge amount of energy and resources while they receive the strong social pressure regarding global warming, waste and resource problems. To realize the sustainably developing society, intensive work for improving material process efficiency and developing novel processes. For such purpose, we have been dealing with the following research topics.

  • Development of artificial material processes (computer simulation).
  • Control of boundary layer for acceleration of heat and mass transfer rates.
  • Recovery, storage and utilization of industrial waste heat.

 

Our laboratory accepts the graduate students from the

Department of Metallurgy, Materials Science and Materials Processing, Graduate School of Engineering.


 

現代社会は様々な高機能性材料の利用によって成り立っていますが、その製造には大量の資源とエネルギーが使用されています。近年、地球温暖化・環境問題の顕在化により製造プロセスのエネルギー・材料効率向上が求められる一方で、高品位な原料・エネルギー資源の逼迫によりプロセスの高効率操業には様々な制約が課せられるようになっています。

このような状況の下で高品質素材を社会に安定に供給するためには、素材製造プロセスの高機能化、高効率化および高精度制御、あるいはプロセス自体の転換が必要であり、そのためにはプロセス特性の定量的な理解とそれに基づく革新的な原理設計が不可欠です。本研究分野では

● 様々な素材プロセスのシミュレータ開発

● プロセスシミュレーションによるブレイクスルーポイントの探査

● 輸送現象高速化のための境界層制御法開発

● 排熱の高効率回収・貯蔵法の開発

等を通じて、これらの課題解決に取り組んでいます。

(本研究室は工学研究科金属フロンティア工学専攻の協力講座です。)

お知らせLatest News

お知らせ一覧

mate