ホーム > ニュース

News

プレスリリース

抗体検査を現場で20分以内に完了する技術を開発 ~鳥インフルエンザウイルスで実証。新型コロナウイルス等への応用へ期待~

ポイント

  • ポータブル蛍光偏光測定装置を開発し、鳥インフルエンザウイルス抗体の検出に成功
  • 簡単なピペット操作のみで20分以内に抗体を検出できる上、多サンプルの同時測定も可能
  • 新型コロナウイルス抗体など、様々な種類の抗体・病原体への応用拡大に期待
  • 概要

     北海道大学大学院総合化学院博士後期課程・日本学術振興会特別研究員の西山慶音氏、同大大学院工学研究院の渡慶次学教授、帯広畜産大学畜産学部の小川晴子教授、東北大学多元物質科学研究所の火原彰秀教授、Tianma Japan株式会社らの研究グループは、抗体検査のようなバイオ検査を現場で迅速に実施できる検査装置を開発しました。その応用例として、鳥インフルエンザウイルス抗体を 20分以内に検出できることを実証しました。
     鳥インフルエンザウイルスのような伝播性が高い病原体の感染防御には、感染が疑われた鳥を直ちに検査することが必要です。一般的には、ウイルスの遺伝子を検出するポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法が用いられますが、検査室のみで実施可能で、手間と時間がかかる欠点がありました。このほか、感染した動物の体内で産生される抗体を検出する抗体検査も用いられますが、現場で利用できる反面、判定誤差が生じやすい問題がありました。
     研究グループは、これらの問題を解決すべく現場で簡便に高精度な検査ができる装置とそれに必要となる特殊な試薬を開発しました。同装置は、従来からある蛍光偏光免疫分析法(FPIA)を原理としながら、液晶素子、イメージセンサー、マイクロ流路チップからなる独自の機構を組み込むことで小型化とポータブル化に成功しました。また、多数の検体を同時に測定することが可能で、検体量もわずか2μLと大幅に低減しました。
     同装置は、現在世界的に流行している新型コロナウイルス感染者の抗体検査にも応用できる上に持ち運びも可能なため、検査現場での有力な技術になると期待されます。
     なお、本研究成果は、2020年4月21日(火)公開のSensors and Actuators B: Chemical誌に掲載されました。
    プレスリリース本文(PDF)
    20200520_image
    今回開発したポータブル蛍光偏光測定装置 

    ポータブル蛍光偏光測定装置の操作方法を下記よりご覧いただけます。

    ⒸTokeshi, Shigemura, Hibara
     
    論文情報:
    “Rapid detection of anti-H5 avian influenza virus antibody by fluorescence polarization
    immunoassay using a portable fluorescence polarization analyzer”

    (ポータブル蛍光偏光測定装置を用いたFPIA法による抗H5鳥インフルエンザウイルス抗体の迅速な検出)
    西山慶音1,武田洋平2,真栄城正寿3,石田晃彦3,谷博文3,重村幸治4,火原彰秀5,米澤豊6,今井邦俊6,小川晴子6,渡慶次学3
    (1.北海道大学大学院総合化学院,2.帯広畜産大学グローバルアグロメディシン研究センター,3.北海道大学大学院工学研究院,4.Tianma Japan株式会社,5.東北大学多元物質科学研究所,6.帯広畜産大学畜産学部)
    Sensors and Actuators B: Chemical(化学センサーの専門誌)
    DOI: 10.1016/j.snb.2020.128160
     
    関連リンク:
    ナノ・マイクロ計測化学研究分野(火原研究室)
    東北大学
    北海道大学
    帯広畜産大学
    Information in English

    問い合わせ先

    東北大学多元物質科学研究所
    教授 火原 彰秀(ひばら あきひで)
    TEL:022-217-5616
    Mail:hibara*tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

    東北大学多元物質科学研究所
    広報情報室
    TEL:022-217-5198
    Mail:press.tagen*grp.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

    TOPICS一覧へ戻る

    Research Category