ホーム > ニュース

News

プレスリリース

ソフトマテリアルのナノスケールでの変形状態を3次元で観察することに成功

 東北大学 多元物質科学研究所の陣内 浩司教授、樋口 剛志助教(開発当時)は、株式会社メルビル(株式会社ブリヂストン、日本電子株式会社)と共同で、ナノ(10億分の1)メートルの分解能で物質の構造を観察することが可能な透過電子顕微鏡(TEM)内で、ソフトマテリアル(高分子ナノ複合材料)を大変形(最大約40倍延伸可能)させながらナノスケールでの3次元構造変化を同視野で追跡できるTEM用試料ホルダーを開発しました。さらに、この新型ホルダーを用いてタイヤのトレッドゴムモデル材料を300%以上延伸した状態で3次元観察することに成功しました。
 ソフトマテリアルの延伸による構造変化は、その性質を理解し高機能化を進める上で非常に重要ですが、これまでは計算機実験などにより推測するしかありませんでした。本技術により、延伸に伴うナノスケールでの構造変化を連続して立体観察することが可能となり、計算機実験の検証に役立つだけでなく、ソフトマテリアルのタフ化に不可欠な破壊メカニズムの解明に結びつくことが期待されます。
この研究成果は、2018年6月11日付でOxford University Press Microscopyの電子ジャーナルに掲載されました。
プレスリリース本文(PDF)

Press_release_20180621_prof.jinnai

実験画像:試料に200%以上のひずみを加えることに成功し、構造変化を同視野で3次元観察できることを実証した。

論文情報:
“Development of a three-dimensional tomography holder for in situ tensile deformation for soft materials”
Takeshi Higuchi, Takashi Gondo, Hiroya Miyazaki, Akemi Kumagai, Keizo Akutagawa, and Hiroshi Jinnai
Microscopy,2018 June 11
Doi:10.1093/jmicro/dfy027

関連リンク:
東北大学ウェブサイト

問い合わせ先

(研究に関すること)
東北大学 多元物質科学研究所 高分子物理化学研究分野
教授 陣内 浩司(じんない ひろし)
電話:022-217-5329
E-mail:hiroshi.jinnai.d4*tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)
(報道に関すること)
東北大学多元物質科学研究所 広報情報室(担当:伊藤)
電話:022-217-5198
E-mail:press.tagen*grp.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

TOPICS一覧へ戻る

Research Category