ホーム > ニュース

News

お知らせ 多元研

防火・防災訓練を実施しました

2018年10月25日、多元物質科学研究所の教職員及び学生等を対象とた「防火・防災訓練」を実施しました。宮城県沖を震源とする震度6強の地震発生したと想定した通報訓練・避難訓練、消火栓・消火器を用いた消火訓練、空気呼吸器体験訓練と地震体験を実施ました。通報訓練・避難訓練では、トランシーバを用いた緊急時の連絡方法や避難場所と避難方法について再確認しました。

20181025_2552 20181025_2556 20181025_2570 20181025_2574

消火訓練では、実際の消火栓や消火器を用いて、機器の使い方や、消火時の注意点などを再確認することができました。空気呼吸器体験訓練では、実際に研究棟に設置されている空気呼吸器を用いた体験を実施しました。避難場所に設置された地震体験車「ぐらら」では、多くの職員や学生らが震度6の揺れを体験しました。

20181025_2582 201825_2599 20181025_2587 20181025_2607

最後に、多元研の災害対策本部長である村松淳司所長から「今日、初めてヘルメットを着けた方もいるかもしれませんが、災害時にヘルメットを着けるのは大切なことです。災害時や緊急時には、まず自分の命を守るための行動を心掛けて下さい。」とまとめの言葉がありました。

関連リンク:仙台市_くらしの安全・安心

TOPICS一覧へ戻る

Research Category