ホーム > ニュース

News

お知らせ 多元研

佐藤卓教授が学都仙台コンソーシアムサテライトキャンパスにて公開講座を行いました

171007_7992 10月7日(土)仙台市民活動サポートセンターにて開催された、学都仙台コンソーシアムサテライトキャンパス公開講座において、スピン量子物性研究分野の佐藤卓教授が「中性子でミクロな世界を探検しよう」と題して講演を行いました。
 電線などに用いられる金属や、CPUやLEDなどの半導体、ハードディスクなどの磁性体のほかに、MRIの超伝導マグネット等も電子のかたまりです。現代社会を支えている「電子」とはどんなものなのか、そのバラエティ豊かな性質を紹介しました。磁石や超伝導の性質については、強力マグネットによる非磁性体引きつけるデモンストレーションと、液体窒素を用いた超伝導の実験動画を用いて詳しく説明しました。さらに、磁性や超伝導を支配する「電子スピン」の運動を直接観測するほぼ唯一の手段である「中性子散乱」について、その歴史的背景や特徴などについて詳しく解説しました。最後には、佐藤教授自身が進めている研究内容や成果にも触れ、今後の展望などもお話しました。

171007_8005 171007_8000

 当日は、あいにくの雨模様にもかかわらず、17名が参加しました。私たちの日常の生活ではあまり聞き慣れない「量子」や「電子」、「中性子」の違いについてなどの率直な質問もあがり、佐藤教授がひとつひとつ丁寧に答えました。

関連リンク:
佐藤卓研究室(スピン量子物性研究分野)ホームページ
開催案内

TOPICS一覧へ戻る

Research Category