マラガの街を一望
2014年9月17日〜19日にスペインのマラガで開催された"2nd Spain-Japan Joint Symposium for Advanced Supercapacitors"に参加しました。

(1) マラガという街

 マラガ(Malaga)は地中海に面するスペイン南方の街です。日本からの直行便はなくイスタンブール経由で22時間かけてのフライトでした。海に面しているにもかかわらず、 日本の夏のような蒸し暑さは感じませんでした。
 お食事はペペ先生やラウルさん、そしてアリカンテの学生たちと食卓を囲みました。 ペペ先生とラウルさんとは市内観光を兼ねて夕食もご一緒させていただきました。
 生活に関して驚いたのが食事のリズムです。30分ほどのコーヒーブレイクが午前と午後に1回ずつ。昼食は15時からゆっくり2時間かけて。21時から夕食をとるスタイル。 そのおかげか夜遅くまででも元気ですし街にも活気があふれていました。

イスタンブール空港にて

昼食

夜の大聖堂
(2) シンポジウム開幕

  スペインでの開催ということもありマラガ、アリカンテからは学生も多く出席していました。今回聴講した内容の中では特にラミロさんからお話しいただいた水系非対称キャパシタに関する発表が自分の内容と直結することもあり興味深かったです。
講演はもちろん英語で行われ、専門知識ではなく英語の勉強もしなければならないと痛感したシンポジウムでした。。

シンポジウム

西原先生の発表

左からディエゴ先生、ペペ先生、京谷先生
(3) スペインのみなさん

 アリカンテからの学生とはお話しする機会が少なかったのですが、マラガの学生とは食事のテーブルが同じだったこともあり、たくさんお話しすることができました。みなさん気さくで話しやすく、こちらも積極的にコミュニケーションを取りに行ったこともあり楽しい時間を過ごせました。
この食事会がシンポジウム閉幕後だったこともあり、最後の一日を十分に満喫しました。

全員で囲む最後の晩餐

集合写真!
(4) 最後に

 今回、空港からの送り迎えや市内の案内など何かとお世話になったペペ先生、ラウルさん、ナニさんにはこの場を借りて特別な感謝を。本当に親切にしていただきました。いつもこちらを気遣ってくださり、いろんなお話を聞かせてもくださいました。お三方をはじめとするすべてのスペインの方々のおかげでたくさんの思い出ができました。本当にありがとうございました。また学部4年生にもかかわらずこのような貴重な機会をくださいました京谷先生ならびに西原先生には心から感謝しています。ありがとうございました。
京谷研究室 学部4年 田口