←今年は面白山高原で芋煮会。朝、大学を出発。
←ちょうどスペイン人研究者が3人研究室に滞在中でしたので、彼らも一緒に行きました。
←仙山線にて移動。
←面白山高原駅へ到着。降りたのはほぼ我々だけ。
←スペイン人らはやる気満々。
←駅は山奥にポッツーンという感じ。無人改札でした。
←すばらしい景色。この渓谷を歩いて会場まで向かいます。
←山道を出発〜。
←こんな危険な感じの橋を渡り・・・
←さらに奥へ。
←どんどん進んでいくと・・・
←川原に到着。
←この滝の横の広場で芋煮をすることにしました。
←立派な滝。是非とも登ってみねば。
←崖をよじ登り・・・
←滝の上に到着!。
←滝の上からはすばらしい景色が。
←下を見下ろすとこんな感じ。
←滝の上にて記念に1枚。
←ワタシ、コノオンセンニハイリマース。
←ナイスナオンセンデース。アナタタチナゼハイラナーイ?
←そう言われて黙ってられない人。
←天然のバスタブで水浴び。
注※温泉ではありません。単なる川です。当然、水はすごく冷たい。
←芋煮の準備を開始。
←オンセン、キモチヨカッタデース。
←焚き木が足りないので、近くから調達。
←大鍋2つ分を作りました。
←料理のリーダーは桜井さん。
←ベロベロベー。
←まだかな〜。
←山形風芋煮の出来上がり。
←さぁさぁみんなで食べましょう。
←ワイワイガヤガヤ。
←味はどうだい?
ビミデース
←美味しくて嬉しいの踊り。
←天気も良く、みんな満足の芋煮会でした。
←集合写真。