研究概要

TOPページ >  研究概要

資源・環境との共生を目指した原子燃料サイクル化学の展開!

基幹エネルギーとして原子力の利用は人類の将来を左右する重要技術ですが、核燃料を原子炉において燃焼した後、核分裂生成物など放射性物質や未利用ウランなど有価成分を分離し、残った廃棄物を安全に処理・処分し環境の保全を図らねばなりません(核燃料サイクル)。本研究室では、水溶液(湿式)系や非水(乾式)系における放射性核種の化学的挙動特性を把握し、高効率で廃棄物量の少ない核燃料のリサイクル方法を開発するとともに、安全な処理・処分後の地下水圏における放射性核種の挙動を調べています。また、廃棄物から水素等エネルギー物質を生成するようなリサイクルプロセスの開発を進めています。

 

 

image_01 image_02 image_03

JAEA幌延地下施設へもぐる(動画)

研究テーマ

◎    アクチノイド化合物の固体化学の研究
◎    アクチノイドの溶液化学・熱力学基礎研究
◎    使用済核燃料の硫化物再処理法の研究
◎    放射性廃棄物の地層処分・安全評価に関する研究
◎    水素を副生する硫黄固定化プロセスの開発
◎    雰囲気制御レーザーアブレーション法による機能性薄膜の合成と評価
◎    レアメタルの乾式リサイクルプロセス開発に関する研究

 

Development of green nuclear chemistry for sustainable fuel cycle

Nuclear energy is one of the most important energy resource of our modern society, therefore, it is strongly demanded to make nuclear fuel cycle more reliable and sustainable for longer future. To respond this demand, our group develops novel and unique reprocessing processes of the spent nuclear fuel based on the selective sulfurization of fission products. The sulfide process has advantages of less radioactive waste volume and lower risk of the nuclear proliferation comparing with the conventional wet reprocessing processes like PUREX. Besides, the basic solution chemistry of actinides elements is studied to perform more reliable safety assessment of radioactive waste ground disposal.

[Research topics]
1    Solid state and solution chemistry of actinide elements
2    Materials processing for the advanced nuclear cycle
3    Sulfide reprocessing process for spent nuclear fuel
4    Research for the safety assessment of radioactive waste underground disposal
5    Development of hydrogen producing desulfurization process from wastes
6    Recovery of rare-metals by dry halogenation processes