Member

TOPページ >  Member

2021年度Members

P.I.      Prof. Hiroyuki KIMURA      教授 木村宏之         hiroyuki.kimura.b5

Assist. Prof. Terutoshi SAKAKURA   助教 坂倉輝俊      terutoshi.sakakura.a7

Assist. Prof. Hajime YAMAMOTO    助教 山本孟  個人HP   hajime.yamamoto.a2

修士課程2年 上山幸子

学部4年生  山元洸生

技術職員  土肥優紀

Emeritus Prof. Yukio NODA   名誉教授 野田幸男              yukio.noda.d5

アドレスは後ろに[at]tohoku.ac.jpをつけてください。

 

 

研究室OG・OB

2018年度博士  石井祐太  現  東北大助教(物理学専攻若林研)  個人HP
2018年度修士  青木一朗
2019年度修士  関川曉
2020年度修士  相澤遥奈
2020年度修士  榎吉淳
2020年度博士  御手洗誠(単位取得) 
2021年度修士  戸田薫
2021年度学士  山神玄蔵
2021年度学士  佐藤匡成

 

進路:大学・国立研、電機メーカー、金属メーカー、公務員 など

 

大学院生募集中!

私たち構造材料物性分野は、多元物質科学研究所という東北大に設置された大学附置研究所(附置研)に所属する研究室です。

附置研は研究設備の共同利用や産学連携を担うなど、大学の研究活動を進める拠点としての役割を持った、専攻や学部とは独立した組織です。

 

静かな環境・少人数で、充実した研究設備・共同設備を存分に使って研究活動を進めたい人にとっては、良い環境だと思います。

一方でメインキャンパス(青葉山)から離れており、多くの同級生と賑やかに楽しく学生生活を過ごしたい人には、少し物足りないかもしれません。

 

私たちは中性子や放射光を用いた実験と、超高圧合成法を用いた新物質探索を専門としており、

学生たちも一緒にSPring-8やKEK、国内外の大型施設へ頻繁に出張しています。

研究室スタッフは、茨城県東海村のJRR-3に設置された回折計FONDERの装置責任者・担当者も兼任しているので、長期滞在もよくあります。

 

さらに少人数ならではの機動力を活かして、他研究室や他大学・他組織との連携も積極的に進めております。

我々の教育のセールスポイントは、学生1人1人が様々な研究(実験)手法を経験できることです。大人数ラボではなかなか難しいと思います。

 

研究室に入るためには、東北大学理学研究科物理学専攻 (分光物理学講座)の大学院入学試験を受けて下さい。他大学の学部4年生、高専専攻科の学生さんには自己推薦入試もあります。現在までに、材料工学や素粒子物理、表面科学など様々な出身分野の学生さんが活躍しています。入学前の知識は問わないですし、全く違う分野からの入学はむしろ大歓迎です!

 

学振DCJST次世代挑戦のほかにも、GP-SpinGP-MSグローバル萩博士学生奨学金GIMRTなど、

博士号取得まで研究や勉強に集中できる支援プログラムが、東北大学は非常に充実しております。

 

物理・化学・工学などの分野の枠を超えた、革新的な研究の展開を目指しています。

50年後、100年後の世界を変えるような新しい研究を一緒に立ちあげていきましょう!

 

<研究室生活>

 

・月例報告会:月に1回、大きい会議室を借りて、発表形式での研究進捗の報告と議論をしています。出張中はオンラインで進めます。
 

・週ゼミ:週に1回、論文を読んだり研究相談をしたり、必要に応じたフレキシブルなゼミをしています。
 

・他大との共同ゼミ(隔月程度):軽い学会発表のようなゼミです。学生間の交流や少し違った視点の意見交換などの目的でやっています。
 

・コアタイム:朝10時に集合し、簡単にその日の予定を相談します。帰宅時間は自由ですが、19-20時くらいが多いです。
 

・出張:兵庫県SPring-8や茨城県KEK-PF・J-PARC・JRR-3、他大学、海外施設などへ頻繁に行きます(多い時で月2-3回、少ない時でも2-3カ月に1回)。2泊3日や3泊4日が多く、長い時で1-2週間です。交通費や宿泊費、日当食費はラボから支払うので、お金の心配はありません!
 

・学会、論文発表:学会は春と秋の年2回、物理学会などで発表してもらいます。希望すれば海外での国際学会にも参加できます。論文は修士課程のうちに1報以上(共著含む)出すことが多いです。配属1年目でトップ誌掲載や筆頭著者になることも珍しくないので、積極的にチャレンジしてください。理系専門家としてのスキルや業績が身に付くほか、学振や就活、奨学金免除、早期卒業においても大きなアドバンテージになります!
 

・就活、院試:他のラボと比べて出張や実験が忙しく、計画的に進めないと両立は少々大変かもしれません。就活や院試の時期も、研究活動はできる範囲で相談しながら進めてもらいます。
 

発見は意外にも、研究や勉強以外の経験が活きることがあります。

本や論文の知識ばかりではなく、柔軟な発想ができるような人材を育てていきたいです。

 

2018

2021

2022年度

2022年度