〒980-8577
宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
東北大学 片平キャンパス内
多元物質科学研究所
材料・物性総合研究棟 2号館

研究室紹介 About laboratory

研究内容の紹介

河村研では、固体中のイオンの動きをレーザーとNMRを用いて研究し、新物質開発や環境・エネルギー問題の解決につなげることを目指しています。

研究の目的:固体イオニクス材料の基礎物性

  • 固体内イオンダイナミクスの解析
  • 新規イオン伝導体の開発
  • イオニクス素子への応用
    • 全固体電池
    • 燃料電池
    • 光通信用ガラス、アクチュエータ、その他

主な研究手法:光と電波

  • レーザー光学
    (ラマン散乱、光カー効果、ホールバーニング、レーザー蒸着)
  • 核磁気共鳴 (NMR)
    (固体多核NMR、拡散係数、マイクロイメージング)
  • 電気化学測定
    (インピーダンス、誘電緩和、CV、充放電)

研究テーマ Research topics

  • パルスレーザーデポジッション(PLD)法を用いたイオン伝導性ガラス薄膜の作成と全固体薄膜電池への応用
  • 核磁気共鳴(NMR)法を用いた固体イオニクス材料の構造とダイナミクスの研究
  • NMRイメージング(MRI)を用いたリチウムイオン電池のダイナミクスの研究
  • 燃料電池用触媒の開発
  • イオン液体を用いた希少元素抽出
  • 過冷却液体・ガラス転移領域でのイオンダイナミクスの研究
© KAWAMURA Laboratory
ページ頭へ