研究室についてAbout us

本研究分野では、主に環境問題、エネルギー問題を解決に資する、燃料電池やリチウムイオン二次電池など、環境にやさしいエネルギー変換デバイスの実現・普及のための基盤研究を展開している。特に、固体でありながらその中をイオンが高速移動できる固体イオニクス材料に着目し、イオン輸送、界面反応、欠陥構造についての学理を探求している。また、固体イオニクスデバイスにおける材料、反応に関わる理解を深化させるべく、高温/制御雰囲気/通電といった特殊環境下でのその場測定を可能とする高度分析技術の開発も行っている。以上の研究を通し、固体イオニクス材料を利用した環境調和型エネルギー変換デバイスの開発ならびに高性能化・高信頼性化を指向した研究開発を展開している。

研究室ホームページはこちら。
http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/amezawa/hml/index-j.html

DSC_2373-1